カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患、クローン病に関するお役立ち情報サイト【飲むだけカプセル内視鏡】
飲むだけカプセル内視鏡

クローン病(小腸の主な病気と症状) 小腸の検査方法

X線検査

検査前に造影剤(バリウムなど)を飲んでいただく必要があります。この検査ではモノクロのX線透視画像が得られ、腹部の腸管の形状や位置関係を観察することができます。

内視鏡検査

直径10mm前後のファイバー型電子内視鏡を患者様の口、あるいは肛門から挿入します。一般的にこの検査は鎮静および鎮静からの回復時間を要します。

小腸用カプセル内視鏡

小型カメラを内蔵した長さ約26mm、直径約11mmの小腸用カプセル内視鏡を適量の水で口から飲み込むだけで、消化管の内部を撮影できる、簡単で痛くない(非侵襲性)の検査法です。
検査についての感想は個人差があります