飲むだけカプセル内視鏡

カプセル内視鏡の検査方法 カプセル内視鏡の検査方法


カプセル内視鏡は、大きめのビタミン剤ぐらいのサイズのカプセル形状をしています。水と一緒に飲み込まれたあと、腸管内部を進みながら内蔵の小型カメラで写真を撮像していきます。撮像後、カプセル内視鏡は自然排出されます。
腸内で撮像した画像は、患者さんの体に貼り付けたセンサを経由して腰に装着した記録装置に転送され、検査後、専門医が専用コンピューターで解析し、ポリープの有無の確認などの腸疾患の診断に使われます。
カプセル内視鏡は、麻酔も必要なく、放射線被ばくの心配もありません。
検査を受ける患者さんへの負担が少なく、患者さんにとって受け入れやすい検査といえます。

詳細な検査の流れは、「小腸カプセル内視鏡の流れ」「大腸カプセル内視鏡の流れ」をご覧ください。
カプセル内視鏡の検査方法