腸のトラブルを防いで快適生活〜腸コラム 専門医へのインタビュー 大腸疾患


樋口和秀 先生
樋口和秀 先生
大阪医科大学 内科学第二教室 教授

■ 専門分野:
消化管疾患の病態生理、Helicobacter pylori、内視鏡的治療、カプセル内視鏡
腸粘膜が炎症を起こしてただれ、びらんや潰瘍を形成する病気は、一般的に炎症性腸疾患と呼ばれますが、その中でも潰瘍性大腸炎とクローン病が代表的です。症状は粘血便(ねんけつべん)下痢腹痛などです。20〜30代の若年成人に多く発症しますが、50〜60代の人にもみられます。いったん良くなったように見えても、数ヵ月から数年後に悪化することがあります。
炎症性腸疾患はもともと欧米人に多く日本人には少ないと考えられていましたが、最近、日本でも急速に患者数が増えています。

原因は何か

大腸粘膜に対する異常な免疫反応、つまり、体のなかに異常な抗体ができ、これが自分の大腸粘膜を攻撃することなどが原因とされていますが、遺伝的素因や食生活、腸内細菌叢(そう)の変化などが複雑に絡み合っており、すべてが明らかになっているわけではありません。肉体的、精神的ストレスで悪化することがありますが、原因というよりも誘因と考えられています。

症状は?

血便、粘血便、下痢、腹痛が主な症状です。ひどくなると体重減少貧血発熱がみられます。治療によって改善しても数カ月から数年後に再び悪化し、それを繰り返す場合(再燃緩解(さいねんかんかい)型)や、症状がだらだらとずっと続く場合(慢性持続型)などのタイプに分類されます。

検査方法

診断のためには大腸内視鏡検査や小腸内視鏡検査が必要です。潰瘍性大腸炎の炎症の特徴は、びまん性、連続性と表現され、大腸粘膜の全周にわたる炎症が直腸から連続してみられます。通常の大腸内視鏡検査で診断や治癒経過をみます。最近では、大腸カプセル内視鏡が臨床で使用できるようになりました。潰瘍性大腸炎などの患者さんは、大腸内視鏡自体がなかなかスムーズに行えない場合があり、このような時は、苦痛の少ないカプセル内視鏡で治癒経過をみる場合もあります。一方、クローン病では、大腸だけではなく全消化管に病変が及ぶ場合があります。とくに小腸に病変がよくみられるため小腸検査も必要になります。バルーン付きの小腸内視鏡やバリウムでの小腸透視検査(レントゲン検査)などがあります。いずれも患者さんの負担が大きく、簡単には行えません。この分野においても、小腸用のカプセル内視鏡が使用できます。ただし、小腸の狭窄が疑われる場合、事前にカプセル内視鏡が開通するかどうかを評価するためのカメラのない同サイズのカプセル(パテンシーカプセル)で小腸の通過を確認してから、本当のカプセル内視鏡をすることになります。

※大腸カプセル内視鏡については、以下からご確認ください。

誰もが経験あることですが、学生時代、中間試験や期末試験の時に食欲がなくなったり、下痢になったり、体調を壊したりしたことを思い出します。一般的に、現代社会はストレス社会ともいわれ、現代人の体調とストレスは密接な関係にあります。総理府が15〜74歳の男女を対象に行った調査によると、「日頃、ストレスを感じている」と答えた人は56.9%で、実に半数以上の人が何らかのストレスを抱えているという結果でした。
ストレスとひと口にいっても、すべてがよくないわけではありません。適度なストレスは、それを乗り越えたときに達成感をもたらしてくれます。また、自信を持つことや成長する糧になることもあります。

ストレスと大腸がん

ストレスが強いと、がんにかかるリスクが高まるということはよく言われます。ラットによる実験でも、ストレスをかけられたラットには、そうでないラットに比べて明らかにがんの発生率は高くなり、同様の現象はヒトにも観察されたという報告があります。その原因の一つは、「免疫力の低下」と考えられています。
さらに、ストレスは飲酒量や喫煙本数の増加、過食など行動面に現れることもあり、このような生活習慣の乱れが生活習慣病の発症や悪化につながることもあります。また、ストレス自体が高血圧や糖尿病のリスクを高めるなど生活習慣病の危険因子としても知られており、これらはすべて大腸がんの発症に関する危険因子になります。

最近急増している「過敏性腸症候群」

過剰なストレスは心身にさまざまな不調をもたらすことがわかっています。とくに胃腸はストレスの影響を受けやすく、ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、胃腸の機能にも異常を来します。腹痛や腹部の不快感、下痢や便秘などをくり返すものを「過敏性腸症候群」といいますが、これはストレスを受けやすい20〜40歳代に多くみられ、過労や睡眠不足、不規則な食生活や不規則な排便などが誘因になることもあります。大腸は精神の影響を受けやすい、きわめてデリケートな臓器であるわけです。

大腸の検査も大切です

過敏性腸症候群も正確には、大腸の検査をして大腸に炎症がないことを確認しなければなりません。下痢や便秘などの症状でも他の大腸の病気があります。大腸内視鏡検査(カプセル内視鏡検査も含めて)は、医師に相談して受けるようにしてください。

ストレスとどう向き合うべきか?

ストレスを上手に解消することが重要です。ストレス解消法の見つけ方は、ストレス解消を目的として探すというよりも、興味のあること、やってみたいことに挑戦して、結果としてストレスが解消されていたというのが理想です。アフターファイブや休日は心を解放して、心身ともにリラックスしてみましょう。また、十分な睡眠と休養、バランスのとれた食事、適度な運動など、規則正しい生活を心がけましょう。

※大腸カプセル内視鏡については、以下からご確認ください。

「生活習慣」とは、毎日の食事や運動習慣、生活リズムなどを言いますが、これらの生活習慣と非常に関係深い病気が「生活習慣病」といわれます。「生活習慣病」は、はじめは加齢とともに発症・進行すると考えられていたため「成人病」と呼ばれていましたが、子供の頃からの生活習慣が基盤となって発症することがわかったため、「生活習慣病」と改められました。偏食、運動不足、喫煙、ストレスなど、ふだんの生活習慣が、発症や進行に深く関わっています。高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満が代表的なもの。これらは「死の四重奏」と呼ばれ、もちろん単独でも恐ろしい病気ですが、重複すると命にかかわる危険が増すのです。

一方、「大腸がん」は近年欧米諸国のみならず我が国でも急激に増加してきています。消化管のがんについては、もともと我が国は、胃がん大国といわれるぐらい胃がんの罹患率が高かったのですが、最近は胃がんを抜いて大腸がんの方が多くなっています。とくにがんによる死亡率では、女性では一位になってきました。最近のいろんな研究によれば、大腸がんの発生には、欧米型の食事摂取やそれによる肥満、運動不足などを背景とした生活習慣ががんのリスクを押し上げているとする疫学的な研究結果が数多く報告されています。「生活習慣」が、「肥満」を作り、その肥満が「大腸がん」のリスクになるということです。肥満には、2つのタイプがあります。皮膚のすぐ下に脂肪がたまる「皮下脂肪型肥満」と内臓のまわりに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」。最近とくに問題視されているのは、内臓脂肪型です。内臓に過剰にたまった脂肪が、高血圧や脂質異常症などさまざまな病気をひきこしますが、「大腸がん」にも深い関係があると考えられているのです。内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満と違って、外見からもわかりにくいので要注意。ウエスト径(へそまわり)が男性で85cm以上女性で90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満を疑ってみてください。

「大腸がんの予防」は、特に肥満にならないように、運動不足にならにように気をつけることが第一です。なおかつ、食事は好き嫌いなくいろんなものをまんべんなく食べ、睡眠を十分にとって、適度な運動をするように心がけることです。喫煙はどのがんにもよくないので禁煙をお勧めします。ただ、これを守っていれば大腸がんにならないという保証はありません。リスクを少しでも下げる効果があるということです。「大腸がんで死亡しない大切な対策」は、検査を受けることです。「大腸がん」は、早期に発見すれば決して命を奪われるがんではありません。女性のがんでの死亡率の高さは、大腸がんの発見の遅さが大きな原因といわれています。それも、検診で便潜血反応が陽性で、内視鏡の検査の必要性を言われたにもかかわらず、検査が苦しそうとか恥ずかしいなどの理由でついつい躊躇してしまい、検査を受けるのが遅れてしまうというデータもあります。

できるだけ1年に1回、便潜血検査を受ける。そして、陽性と診断されれば、必ず大腸内視鏡検査(カプセル内視鏡も含めて)を受ける。これが、大腸がんで命を落とさない“コツ”です。

※大腸カプセル内視鏡については、以下からご確認ください。