カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患、クローン病に関するお役立ち情報サイト【飲むだけカプセル内視鏡】
飲むだけカプセル内視鏡

潰瘍性大腸炎(大腸の主な病気と症状) 潰瘍性大腸炎(大腸の主な病気と症状)

潰瘍性大腸炎は大腸粘膜が炎症を起こしてただれ、びらんや潰瘍を形成します。潰瘍性大腸炎の症状は粘血便、下痢、腹痛などです。
20〜30代の若年成人に多く発症しますが、50〜60代の人にもみられます。いったんよくなったように見えても、数カ月から数年後に悪化することがあります。もともと欧米人に多く日本人には少ないと考えられていましたが、最近、日本でも急速に患者数が増えています。

大腸の主な病気