カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患、クローン病に関するお役立ち情報サイト【飲むだけカプセル内視鏡】
飲むだけカプセル内視鏡

クローン病(小腸の主な病気と症状) クローン病(小腸の主な病気と症状)

クローン病とは

大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)といいます。
クローン病も、この炎症性腸疾患のひとつで、1932年に米国のマウントサイナイ病院の内科医クローン医師らによって限局性回腸炎としてはじめて報告された病気です。「クローン病」の名前は、クローン医師にちなんで名付けられました。クローン病は主として若年者にみられ、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のすべての部位に発生することが知られています。炎症や潰瘍(粘膜が欠損すること)が起こりえますが、小腸の末端部が好発部位で、非連続性の病変(病変と病変の間に正常部分が存在すること)が特徴です。
それらの病変により腹痛や下痢、嘔吐、血便、貧血、体重減少などがあらわれる病気です。

小腸の主な病気