飲むだけカプセル内視鏡

蛋白漏出性胃腸症(小腸の主な病気と症状) 蛋白漏出性胃腸症(小腸の主な病気と症状)

蛋白漏出性胃腸症とは

淡白漏出性胃腸症とは、消化管粘膜からの血漿蛋白(けっしょうたんぱく)、とくにアルブミンの胃腸管腔への異常漏出によって起こる低蛋白血症を主徴とする症候群です。
蛋白漏出の原因にはクローン病、潰瘍性大腸炎、メネトリエ病、アレルギー性胃腸炎、リンパ系の異常などがあります。むくみ、浮腫、下痢、悪心、貧血、腹痛などの症状を引き起こす場合があります。
蛋白漏出性胃腸症の治療としては、食事療法、薬物療法などが行われます。

小腸の主な病気