カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患、クローン病に関するお役立ち情報サイト【飲むだけカプセル内視鏡】
飲むだけカプセル内視鏡

腸憩室疾患(小腸の主な病気と症状) 腸憩室疾患(小腸の主な病気と症状)

腸憩室疾患とは

腸の壁の一部が内から外に向かって飛び出したり、袋状に突出したりする状態を腸壁室といいます。先天性のものと後天性のものがあり、その主な原因は腸内部の圧力の上昇と、加齢によって腸管壁がもろくなることが原因です。
発生部位は十二指腸と結腸がもっとも多く、空腸、回腸、直腸にはほとんど見られません。90%の十二指腸壁室では、症状はほとんどなく、バリウムによる胃X線検査や内視鏡検査のとき偶然発見されることが多い疾患です。
小腸壁室で問題となるのは、レンメル症候群といって、胆管を圧迫して胆石症(たんせきしょう)と似た症状を呈する場合です。抗生物質の投与などで症状がとれるケースが多いですが、ときに手術に至ることもあります。

小腸の主な病気