カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患、クローン病に関するお役立ち情報サイト【飲むだけカプセル内視鏡】
飲むだけカプセル内視鏡

小腸腫瘍(小腸の主な病気と症状) 小腸腫瘍(小腸の主な病気と症状)

小腸腫瘍とは

小腸腫瘍とは、小腸(十二指腸球部から回盲弁までの間)に発生する腫瘍です。十二指腸腫瘍は空腸・回腸腫瘍とは別にされることが多く、狭義の小腸腫瘍は空腸・回腸腫瘍のみを指します。空腸と回腸の腫瘍は、消化管腫瘍の1〜5%です。
良性腫瘍には腺腫、脂肪腫、線維腫などがあり、症状を伴うことは少ないです。ポリープは、小腸よりも結腸においてよくみられます。
悪性腫瘍では、腺癌、悪性リンパ腫、平滑筋肉腫、カルチノイド腫瘍が多くみられます。
腺癌は十二指腸に最も多く、悪性リンパ腫やホルモン産生腫瘍であるカルチノイド腫瘍は回腸に最も多いです。小腸の悪性腫瘍の臨床症状としては、腸閉塞、出血などがあげられます。

小腸の主な病気