カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患、クローン病に関するお役立ち情報サイト【飲むだけカプセル内視鏡】
飲むだけカプセル内視鏡

メッケル憩室(小腸の主な病気と症状) メッケル憩室(小腸の主な病気と症状)

メッケル憩室とは

メッケル壁室とは、出産までに胎児と母体を結んでいた卵黄管が出産後も残ったものであり、小腸の壁の一部が外側に飛び出た袋状の突起物です。乳児の2〜3%に生まれつきメッケル壁室があるといわれ、回腸の盲腸に近い部位に存在します。
ほとんどの人は無症状といわれていますが、約20%の人に症状が発生し、その症状としては、炎症、腸閉塞、下血などがあります。

小腸の主な病気