カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患、クローン病に関するお役立ち情報サイト【飲むだけカプセル内視鏡】
飲むだけカプセル内視鏡

消化管ポリポーシス(小腸の主な病気と症状) 消化管ポリポーシス(小腸の主な病気と症状)

消化管ポリポーシスとは

肉眼的に消化管粘膜により腸管腔内に突出した限局性隆起をポリープといい、これが消化管内に多発(一般に100個以上)したものをポリポーシスといいます。
炎症性のものと腫瘍性のものがあり、遺伝性の有無、消化管内での広がり方、消化管外の症状や組織像により分類されます。
代表的なものとしては、家族性大腸ポリポーシスやポイツ・イェガース症候群(Peutz-Jeghers Syndrome)などがあり、癌化の可能性が比較的高いことが知られています。

小腸の主な病気