カプセル内視鏡と大腸・小腸疾患、クローン病に関するお役立ち情報サイト【飲むだけカプセル内視鏡】
飲むだけカプセル内視鏡

吸収不良症候群(小腸の主な病気と症状) 吸収不良症候群(小腸の主な病気と症状)

吸収不良症候群とは

小腸からの栄養の消化吸収が障害された状態のことです。
全身の栄養状態が悪くなり、栄養失調を起こすことがあります。下痢、体重減少、全身倦怠感、腹部膨満感、浮腫、貧血などの症状を引き起こす場合があります。
吸収不良症候群には、栄養の吸収過程に異常による原発性吸収不良症候群と二次的に起こる続発性吸収不良症候群に分けられます。
原発性吸収不良症候群には、セリアック病(スプルー・グルテン腸症)と牛乳不耐症があり、セリアック病はビタミン欠乏症を起こしたりすることがあります。
また、乳糖不耐症は牛乳を飲むとすぐに下痢になってしまうなどの症状であり、予防と対策については、セリアック病ではグルテンを含まない食事をしたり、乳糖不耐症では特殊な牛乳を飲用するなどがあります。

小腸の主な病気